海をくぐるバス

京急バス井30という系統をご存知だろうか。この系統は大井町駅から青物横丁駅を通り、東京湾トンネルを通過してお台場地区へと至る、まさしく「海をくぐるバス」である。そしてそれと共に、6月4日までは唯一の首都高速を走る路線バスであった。(過去には都営バスなども首都高を走る路線バスを走らせていたようです。)

さて時刻は朝の8時過ぎ。始発バス停のある大井町駅前にやってきた。駅前にやってくるバスを撮りながら待つこと数十分、待ちわびていたバスがやってきた。

京急バス 大森営業所所属 M9901号車
ジェイ・バス×トヨタ ZBC-MUM1NAE ”SORA” 2019年式

今回せっかくなら燃料電池の新型車両に乗りたいと思い、時間を調べてきていたのである。
こちらの燃料電池バス「SORA」。これまでも都営バスにて導入されていたが、民間事業者での本格導入はこれが初のようだ。

さていよいよ乗車する。座席のモケットは柄こそ違えど、都営バスと同じくらいの固さに感じた。また、車両中央部にモニターが設置されていることも特筆すべき点であろうか。

さて、いよいよ発車する。

09:03 大井町駅西口 11人乗車
09:04 大井町駅東口 2人乗車
09:06 仙台坂 1人乗車
09:08 青物横丁駅 10人乗車 1人下車
09:16 八潮団地入口 通過

余談にはなるが筆者は以前自転車で東京観光をしていた時に、八潮団地の中に迷い込んでしまい小一時間出られなくなってしまったことがある。あとから地図を見てみると迷いそうな道には見えないのだが不思議なものである。

さていよいよここから首都高区間に入る。速度も安定しており、非常に快適だったのだが景色を取り忘れてしまい、資料が手元に残っていない。非常に残念である。

09:23 フジテレビ前 9人下車
09:25 台場駅前 6人下車

いよいよ俗にお台場と呼ばれる地区へと到着した。東京湾トンネルをくぐる前の様子から一転し、乗車する人よりも下車する人の方が圧倒的に多い様子だった。(画像はイメージです)

09:27 フジテレビ南口 通過
09:28 東京テレポート駅 1人下車
09:30 テレコムセンター 1人乗車 5人下車
09:32 東京湾合同庁舎  1人乗車 1人下車
09:34 東京国際クルーズターミナル駅前 乗降なし

名残惜しいがこちらのバス停で降りることにする。このバス停はすぐ目の前に潮風公園がありとてもいい立地であった。

今回はここで降りてしまったが、この路線はお台場地区を一周した後再び大井町駅へと戻るようである。

京浜急行バス 時刻表検索

皆さんも是非乗ってみてはいかがだろうか。

コメント

メロンブックスにて『改訂版 浸水被害ガイドブック 台風19号で浸水した話』好評発売中です。